保険会社に示談の提案を受けた方

保険会社の提示金額に疑問がある方へ

そのまま鵜呑みにする必要はありません

保険会社の提示金額に疑問がある方へ

保険会社の担当者から提示された示談金に少しでも疑問を持たれたら、姫路の上垣法律事務所へご相談ください。そのまま鵜呑みにする必要はありません。弁護士に相談して疑問を解消されることをおすすめします。状況によっては弁護士に相談することで、示談金をアップさせることが可能な場合があります。

適正な金額かどうかきちんと判断します

保険会社の担当者から、もっともらしい数字や資料を見せられて説明されると、「そんなものかな」「保険会社が言っているのだから間違いないだろう」と思って示談書に署名されてしまう方がおられまずが、その前に一度弁護士にご相談いただければと思います。

保険会社が提示する金額は、「任意保険基準」といって保険会社内部の基準を用いて算出されますが、あくまでそれは「保険会社内部の基準」であって、一般社会的に通用するものではないと言えます。ですので、それをそのまま鵜呑みにする必要はなく、弁護士に相談して適正な金額かどうかを確かめられることをおすすめします。

弁護士に相談すれば示談金がアップすることも

弁護士にご相談いただくことで、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準(弁護士基準)」という示談金の3つの基準のうち、最も高額とされている裁判所基準(弁護士基準)での交渉が可能となり、その結果、示談金をアップさせられる場合があります。

ベストな選択肢をアドバイスします

通常、裁判所基準(弁護士基準)で交渉した方が示談金がアップさせやすいと言えますが、ケースによっては別の基準を用いた方がたくさんの示談金が受け取れる場合があります。保険会社から示談の提案を受けた時にご相談いただければ、状況を正確に把握したうえで、ベストな選択肢をアドバイスさせていただきます。

示談金の3つの基準

自賠責保険基準

必要最低限の補償となりますので、3つの基準のうち最も低額になることが多いです。

任意保険基準

各保険会社が独自に定めている基準で、一般的に自賠責保険基準よりも高額に設定されていますが、裁判所基準(弁護士基準)と比べるとかなり低額になる傾向にあります。

裁判所基準(弁護士基準)

3つの基準のうち、最も高額に設定されている基準です。弁護士のサポートを受けた場合にしか適用されません。ご自身で示談交渉すると、自賠責保険基準や任意保険基準で示談金が算出されてしまいますので、裁判所基準(弁護士基準)と比べると示談金の金額は大きく下がると言えます。

※示談金の3つの基準について詳しくはこちら

お気軽にご相談ください TEL:079-282-3375

top

お気軽にご相談ください TEL:079-282-3375

お気軽にご相談ください TEL:079-282-3375

メールでのお問い合わせはこちら

弁護士ドットコム

債務整理 弁護士・司法書士 相談広場

遺産相続弁護士相談広場

交通事故弁護士相談広場

がっちゃん弁護士の「今日はゆっくり話そう: