弁護士への相談は早期にすることをおすすめ

弁護士へのご相談はお早めに

適正な補償が受けやすくなります

弁護士へのご相談はお早めに

交通事故に遭われたら、まずは症状・怪我をしっかり治すために治療に専念するようにしましょう。この時、適正な補償を受けるためには通院の仕方、また医師への症状の伝え方などが大事になってきます。きちんと通院しなかったり、正確に症状が伝えられなかったりすると、適正な補償が受けられなくなってしまう場合があります。

姫路の上垣法律事務所へお早めにご相談いただければ、適正な補償が受けられるように、治療中の段階からしっかりアドバイスいたします。早い段階から押さえるべきところをきっちり押さえておくことで、納得のいく結果が得られやすくなります。

安心して治療に専念できるようになります

加害者や保険会社の担当者との交渉事が気がかりだと、安心して治療に専念することはできません。また治療を受けながら相手側と交渉するとなると、大きな負担となり、怪我・症状の回復に影響をおよぼすこともあるでしょう。

お早めに弁護士にご相談いただければ、わずらわしい交渉事を全部任せることができるので、安心して治療に専念できるようになります。

後遺障害等級認定を視野に入れて対応できるようになります

早期に弁護士へご相談いただくことで、賠償金額に大きく影響する「後遺障害等級の認定」を視野に入れて対応することができるようになります。適正な認定を受けるためにはきちんと通院して、医師から正しく診断を受けることが大事で、早い段階からそうしたアドバイスが受けられるますので、適正な後遺障害等級の認定が受けやすくなります。

示談書へ署名する前にご相談ください

示談書に署名して示談が成立してしまうと、その後、不満に感じる部分を見つけても、交渉して適正な補償を受けるのは難しくなります。それは示談書には「清算条項」といって、交通事故問題はすべて解決し、今後はお互いに何も請求できないという条項が盛り込まれているからなのです。

交通事故発生後は、できるだけお早めに弁護士へご相談いただきたいのですが、示談書に署名した後だとサポートするのが難しくなりますので、どんなに遅くても「示談書に署名する前」にはご連絡ください。

お気軽にご相談ください TEL:079-282-3375

top

お気軽にご相談ください TEL:079-282-3375

お気軽にご相談ください TEL:079-282-3375

メールでのお問い合わせはこちら

弁護士ドットコム

債務整理 弁護士・司法書士 相談広場

遺産相続弁護士相談広場

交通事故弁護士相談広場

がっちゃん弁護士の「今日はゆっくり話そう: